3月7日(土)13:30~16:30に立教大学池袋キャンパス・マキムホール(15号館)M301教室で講座「映画を通していのちの尊厳を考える」が開かれます。ゲストは津久井やまゆり園元家族会会長の尾野剛史さん。映画「道草」を鑑賞し、相模原障害者殺傷事件から見えたことについて考えます。

主催は日本福祉文化学会関東ブロック。優れたドキュメンタリー映画で現実をとらえ、監督や出演者のトークショーを行うなかで、「いのちの尊厳とは何か」について考える連続講座の第1回です。第1回は映画「道草」を取り上げ、知的障害者が地域で生きることの意味を考えます。

プログラム:
13:30~ 開会・趣旨説明
13:45~ 映画「道草」上映(95分)
15:30~ トークショー 尾野剛史さん
16:30  閉会

参加費は無料ですが、映画鑑賞のための資料代1500円(学生は500円)が必要です。映画は情報保障として、「字幕付き版」で上映されます。

申し込み方法:
①チラシのQRコードもしくは日本福祉文化学会関東ブロックHPにアクセス
②入力フォームに必要事項を記入の上、送信
③送信確認メールが炉登録アドレスに届く

お問い合わせ:
日本福祉文化学会関東ブロック事務局
Eメール:h.konuma@jcom.zaq.ne.jp
〒359-1133 埼玉県所沢市荒幡9-39
(関東ブロック担当理事)小沼 肇

チラシ 表
チラシ 裏